管理栄養士・美才治真澄さんに教わる、二十四節気の食べごろレシピ 2016 大暑

管理栄養士・美才治真澄さんに教わる、二十四節気の食べごろレシピ


二十四節気 大暑 イメージ

2016年7月公開

二十四節気は「大暑(たいしょ)」。いよいよ本格的な夏の到来です。
外に出れば暑くてぐったり。家の中にいれば冷房でなんだか体がダルい……。
それでは夏は乗り切れません!
しっかり栄養をつけて、楽しい夏休みを過ごしましょう。


>> 二十四節気「大暑」について詳しくはこちら

大暑の献立

鰻とオクラ、
パプリカのクミン炒め

調理時間:10分
324kacl(1人分)

スタミナたっぷりの一品。
市販の鰻と付属のタレを使うので、つくるのも味付けも簡単。
できるだけコンロの前に立ちたくない夏にぴったりのメニューです。

鰻とオクラ、パプリカのクミン炒め
材料(2人分)

鰻の蒲焼き(市販品)…1枚(150g)
オクラ…10本
赤パプリカ…1/2個
黄パプリカ…1/2個

クミンパウダー…小さじ1
オリーブオイル…小さじ2

(A)
蒲焼きのタレ(付属品)…1袋(15ml)
酒…大さじ2
水…大さじ2
めんつゆ(3倍濃縮)…小さじ1
タバスコ…3振り


つくりかた
  • 1.

    レシピ つくりかた

    鰻の蒲焼きは1cm幅に切ります。

  • 2.

    レシピ つくりかた

    オクラはヘタを除き縦半分に切ります。

  • 3.

    レシピ つくりかた

    パプリカは種とワタを除きます。

    【ポイント】
    白くてふわふわしている「ワタ」は除かなくても問題はありませんが、取ると仕上がりがきれいになります。

  • 4.

    レシピ つくりかた

    5mmくらいの斜め切りにします。

  • 5.

    レシピ つくりかた

    フッ素樹脂加工のフライパンにオリーブオイル、クミンパウダーを入れ中火にかけます。香りが立ったら、パプリカを加えて炒めます。

  • 6.

    レシピ つくりかた

    パプリカがしんなりしてきたら、オクラ、鰻、合わせた(A)を加え、さっと炒め合わせます。調味液にとろみが出てきたら火からおろし、器に盛っていただきます。

栄養のまめ知識

*鰻とパプリカには、胃腸や肌のコンディションを整える「ビタミンA」が豊富に含まれています。ビタミンAは脂溶性ビタミンで、油脂と一緒に摂ることで体内での吸収がアップするので、食べるときには油脂と一緒に摂りましょう。

*鰻とオクラに含まれるねばねばした成分は、胃の粘膜を保護し消化を助けたり、血糖値を安定させる働きがあります。熱に弱い成分なので、加熱する場合は短時間の加熱にとどめるのがポイント。今回のメニューでも短時間でさっと炒め合わせるだけにしています。

*鰻は栄養価が高く積極的に食べたい食材ですが、脂質も豊富に含まれていますから、1人で蒲焼きを1枚食べると脂質の摂り過ぎに。1人1/2枚〜1/3枚が適量の目安です。今回のメニューのように野菜でかさましすればボリューム的にも満足感のある主菜になります。

*パプリカに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴です。これはビタミンCを酸化から守るビタミンP(フラボノイド)が含まれているためです。炒め、揚げ調理などいろいろな調理法でたっぷり食べたい食材です。

美才治 真澄(びさいじ ますみ)
管理栄養士 / フードコーディネーター

香川栄養専門学校(女子栄養大学短期大学部)卒業後、管理栄養士・荒牧麻子氏に師事。のちブラジル・バイーアへ料理留学。帰国後ヴィーガンカフェ “Cafe Eight”のフードディレクターとしてケータリング・商品開発の企画運営に携わる。 現在はフリーランスとして、企業、メディアに向けたメニュー提案及び調理&スタイリング、栄養相談、料理教室、オーダーメイドケータリングなどを中心に活動中。女子栄養大学生涯学習講師。
著書に「満たされスープ」(世界文化社)、「かわいい!カラフルお弁当」(女子栄養大学出版部)。監修を手がけたものに「ギャル曽根流 大食いHAPPYダイエット」「世田谷農家に教えてもらう本当においしい野菜の食べ方」(ともにマガジンハウス)ほか。「ELLE a table」「VOGUE」「anan」「Hanako」「Tarzan」など各誌でも活躍中。ちなみに「トルコトラベルブック」(東京地図出版)は、cotogoto店長・涌井との共著本。

HP:http://bisaijimasumi.com/

美才治真澄 プロフィール


ご利用ガイド