「文化鍋」ご購入で「落とし蓋」をプレゼント!

広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)


  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    ぽってりしたガラス蓋がのった、透明度が高く、熱にも強い理化学ガラスでつくられている「広口試薬瓶」。一番大きな「3000ml」は梅シロップなどの果実シロップや、果実酒を漬けるのにぴったりの大きさです

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    ピクルスやオイル漬けなど、保存食を入れても。左から「500ml」、「250ml」、「1000ml」

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    一番小さな「250ml」は、ごまや唐辛子など調味料入れに。いくつか並べて見せる収納を楽しみたくなる佇まいです

    m1
  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    「1000ml」はジャグとして。透明度の高い理化学ガラスなので、冷たい飲み物も爽やかな印象に

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    安定感があるので花瓶としても。枝ものなどボリュームがあるものには「3000ml」(左)を。「500ml」(右)には小ぶりなブーケが似合います

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    本体と蓋の密着部分にはざらつきがあり、隙間ができてしまうことを防いでいます

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    サイズは全部で4種類。左から「250ml」、「500ml」、「1000ml」、「3000ml」

学生時代はなんとも思ってなかった、実験室で見かける試験瓶も、
今こうして並ぶ様子を見るとワクワクしてくるのはなぜなのでしょう。

理化学・医療用のガラス製品を手がける「小泉硝子製作所」の「広口試薬瓶」は、
その名の通り、開いた口にぽってりしたガラス蓋がのった試薬瓶。
なで肩のラインがチャームポイントです。

透明で丈夫な耐熱ガラスの瓶は、
用途は想像力次第で無限と言っても決して言い過ぎではありません。

サイズは全部で4種類。
一番小さい「250ml」はシナモンやスパイス、ドライハーブなど調味料入れに。
ピクルスや自家製ふりかけなどの保存食やドレッシングを入れておくにもぴったりです。
色鮮やかなジャム数種など、並べるだけで心躍ります。

「500ml」にはベリー類のシロップ漬け、天日干しの野菜やミックスナッツなどを。
安定感があるので、小振りなブーケの花瓶にもどうぞ。

食卓でレモンウォーターや麦茶をサーブするには「1000ml」を。
レモンの塩漬けやコンブチャを育てたり、大ぶりな花やドライフラワーを飾るのにも。

存在感も十分の「3000ml」だったら、大きな枝物も安定して収まります。
梅酒や梅シロップをたっぷり漬けるのにも。

ガラスは、耐熱性が高く熱衝撃に強い理化学ガラスを使用。
だから、熱湯を注いだり、冷蔵庫で冷やすなどしても大丈夫なのです。
透明度も高く、景色を爽やかに変えてくれます。
毎年漬けている梅酒も、この試薬瓶に入れた途端、
見せておきたくなるから不思議。
保存食がそのままディスプレーになって、眺める楽しみが加わるのです。

手吹き仕上げなのでところどころに気泡が混じっていたり、揺らぎが見えたり。
それが親しみやすさを呼んで、暮らしの景色にも馴染みます。

本体と蓋、それぞれ密着する部分にはざらつきがあり、
隙間ができてしまうことを防いでいます。

密封ではないので、果実酒やシロップ漬けなどは、
アルコールや砂糖を強めにしてカビの発生を抑えるのがおすすめです。

保存食はもちろん、使用頻度の高い調味料入れや花瓶、ジャグとしても、申し分ない万能さ。
これこそ、しまっていてはもったいない。
見せてうれしい、使って楽しい道具です。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    真上から見たところ。左上から時計周りに「250ml」、「500ml」、「1000ml」、「3000ml」。「3000ml」は内口径75mmと手が楽々入るサイズです

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    横から見たところ。左から「250ml」、「500ml」、「1000ml」、「3000ml」

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    底面には高台などはなく、平らになっています

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    蓋の中央には、記号が記されています

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    「3000ml」以外の蓋の裏側は空洞になっています。左から「1000ml」、「3000ml」

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    塩分や糖分が付着すると蓋が外れにくくなります。外れにくくなってしまった場合には、蓋を押し上げるように木べらなどをコツコツ当てると外れやすくなります

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    梅酒やシロップを漬けたとき、レードルは「3000ml」なら「果実酒レードル」(左)、「1000ml」なら「ケイリョウシャクシ 33cc」(右)と組み合わせて使うのがおすすめです。すくう部分が大きいため「果実酒レードル」は「1000ml」とは使えません

  • 材質
  • 耐熱ガラス
    >> お手入れについてはこちら
  • サイズ
  • 250ml:約φ65×H140mm(口径45mm)
    500ml:約φ80×H170mm(口径50mm)
    1000ml:約φ95×H220mm(口径60mm)
    3000ml:約φ140×H305mm(口径75mm)
  • 重量
  • 250ml:約330~345g
    500ml:約485~510g
    1000ml:約830~845g
    3000ml:約2060~2145g
  • 容量
  • 250ml:約296~306ml(満水)/236~245ml(8分目)
    500ml:約570~575ml(満水)/399~460ml(8分目)
    1000ml:約1137~1142ml(満水)/910~914ml(8分目)
    3000ml:約3346~3502ml(満水)/2677~2802ml(8分目)
    ※すべて蓋をしていない状態での満水容量を計測
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:○
  • 修理について
  • 蓋の交換は可能です。
    詳しくは、当店までお問い合わせください。
小泉硝子製作所について

小泉硝子製作所ロゴ

明治45年(1912年)、初代小泉重蔵(じゅうぞう)氏が
東京都台東区三ノ輪に創業した小泉硝子製作所。
現在は工場を茨城県猿島郡五霞町に移転し、
四代目となる小泉忠信氏が舵を取っています。

ホウケイ酸ガラス(耐熱ガラス)を自社内で溶解できる数少ない国内メーカーとして、
一つ一つ職人の手吹きによる多種少量生産で、
理化学・医療用をはじめ、ガラス食器、コーヒードリップ用ガラス等、
さまざまな分野のニーズに応えるガラス製品を手がけています。

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    ところどころに気泡のように見えるものが混じっています。吹きガラスならではのものです

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    一つ一つ手作業でつくられているため、厚みなど個体差があります

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    一つ一つ手作業でつくられているため、すりガラスが一部剥げてしまっている場合があります。使用には問題ありません

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    一つ一つ手作業でつくられているため、すりガラスが薄い部分が見られる場合があります

  • 広口試薬瓶 (小泉硝子製作所)

    製作時についた線が見られる場合があります

  • その他のご注意
    >> 一つ一つ手仕事でつくられているため、かたちやサイズにわずかな違いが見られる場合があります。
    >> 製造工程でついた、わずかな傷が見られる場合があります。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【ご使用上のご注意】
    >> 「広口試薬瓶」は密封ではありませんのでご了承ください。果実酒やシロップなどを漬けるときには、実際の材料の量よりアルコールや砂糖を多く入れるのことをおすすめしています。
    >> 蓋をねじるように開けようとしたり、塩分や糖分が付着すると蓋が外れにくくなってしまいます。蓋は真っすぐ上に持ち上げるように外し、調味料の付着にも注意が必要です。もし外れにくくなってしまった場合には、木べらなどを蓋の下部分にコツコツ当てると外れやすくなります。
    >> 電子レンジ、オーブン等には使用できません。加熱容器としては使わないでください。また、冷凍庫では使用しないでください。
    >> ガラスは傷がつくと破損しやすくなります。ガラス同士あるいはかたいものとぶつからないように扱ってください。
    >> 中性洗剤などで洗ってください。その際ガラスを傷つけるおそれのある研磨剤入りのスポンジ、金属たわし、クレンザーなどを使用すると破損の原因になりますので、使用しないでください。

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける