管理栄養士・美才治真澄さんに教わる、二十四節気の食べごろレシピ 2018 小満

管理栄養士・美才治真澄さんに教わる、二十四節気の食べごろレシピ


二十四節気 小満 イメージ

2018年5月公開

二十四節気は「小満(しょうまん)」へ。
万物が勢いよく成長し、生気が満ちる頃。
今年ははやくから夏のような暑さの日が多く、
体調管理や紫外線対策に気を配りたいですね。


>> 二十四節気「小満」について詳しくはこちら

小満の献立

新じゃがの
ハッセルバックポテト

調理時間:45分
312kcal(1人分)

じゃがいもに細かく切れ目を入れてつくる、スウェーデン料理です。
できたては、表面カリカリ、中はほくほく。
今回は皮まで美味しい、旬の新じゃがでつくります。
木の芽と黒コショウと合わせれば、ピリッと刺激的。
サワークリームの濃厚ソースを付けていただきます。

表面がポテトチップスのようにパリパリと香ばしく、
切れ目が開いて見映えよく仕上げるためのコツもご紹介します。

新じゃがのハッセルバックポテト
材料:2~3人分

新じゃがいも…10個(300g程度)
オリーブオイル…大さじ1
塩…小さじ1/2
黒コショウ…適量

(サワークリームソース)
サワークリーム…大さじ4
牛乳…小さじ1
塩…小さじ1/8
木の芽(刻む)…10枚

つくりかた
  • 1.

    レシピ つくりかた

    小さいボウルにオリーブオイル、塩、黒コショウを入れて混ぜます。

  • 2.

    レシピ つくりかた

    新じゃがをまな板にのせ、上下に箸を置いて、2mm幅で箸に当たる深さまで包丁を入れます。

    【ポイント】
    箸を使うことで、切り落としてしまうことを防ぎます。新じゃがの両端はカーブして浮いているので、切り落としてしまわないよう、箸に頼らず切れ目を入れてください。

  • 3.

    レシピ つくりかた

    水を張ったボウルの中に2を入れ、切れ目を開いて、間のでんぷんを洗い落とします。

    【ポイント】
    しっかりでんぷんを洗い落とすと、焼いたときに切れ目の間がきれいに開き、見映えよく仕上がります。

  • 4.

    レシピ つくりかた

    3の切れ目の間の水気をしっかり拭き取り、オーブンシートを敷いたバットに並べます。切れ目の間に1を指で塗ります。

    【ポイント】
    切れ目の間に1をしっかり押し込むように塗ります。少し面倒ですが、すべての切れ目に丁寧に塗りこむことも、きれいに仕上げるためのコツです。

  • 5.

    レシピ つくりかた

    230℃に予熱したオーブンで30分ほど焼きます。焼き時間は新じゃがの大きさによるので、調整してください。焼き色が付いて切れ目が開いたら焼き上がりです。

  • 6.

    レシピ つくりかた

    耐熱容器にサワークリーム、牛乳、塩を入れ、電子レンジで10秒ほど加熱します。木の芽を加えて練り混ぜ、5に添えます。

栄養のまめ知識

*通常のじゃがいもには、みかんと同じくらいの量のビタミンCが含まれます。収穫したての新じゃがは、さらに2〜3倍量のビタミンCを含んでいます(収穫から時間が経つにつれて、ビタミンCは減っていきます)。
ビタミンCは加熱に弱い性質がありますが、じゃがいもに含まれるビタミンCはデンプンに守られているので、加熱しても壊れにくいのが特徴です。


*1年を通して、一番紫外線量が多いのが5月。ビタミンCは、肌の中でシミの元となるメラニンがつくられるのを防ぎ、さらにできてしまったメラニンの色を薄くする働きがあります。紫外線が少なくなる秋口まで、積極的に摂っていきましょう。


*新じゃがは皮が薄くてやわらかく、皮ごと食べられるのが特徴。水分が多くあっさりした食感です。
傷やシワがなく肌がきれいなものを選びましょう。日光が当たって緑色に変色したものは、腹痛や下痢などを起こす天然毒素のソラニン、チャコニンが含まれるので避けましょう。
新じゃがは、貯蔵されていたじゃがいもに比べて水分を多く含んでいるので、日持ちは劣ります。新聞紙に包んで風通しのよい冷暗所で保存しましょう。

美才治 真澄(びさいじ ますみ)
管理栄養士 / フードコーディネーター

香川栄養専門学校(女子栄養大学短期大学部)卒業後、管理栄養士・荒牧麻子氏に師事。のちブラジル・バイーアへ料理留学。帰国後ヴィーガンカフェ “Cafe Eight”のフードディレクターとしてケータリング・商品開発の企画運営に携わる。 現在はフリーランスとして、企業、メディアに向けたメニュー提案及び調理&スタイリング、栄養相談、料理教室、オーダーメイドケータリングなどを中心に活動中。女子栄養大学生涯学習講師。
著書に「満たされスープ」(世界文化社)、「かわいい!カラフルお弁当」(女子栄養大学出版部)。監修を手がけたものに「ギャル曽根流 大食いHAPPYダイエット」「世田谷農家に教えてもらう本当においしい野菜の食べ方」(ともにマガジンハウス)ほか。「ELLE a table」「VOGUE」「anan」「Hanako」「Tarzan」など各誌でも活躍中。ちなみに「トルコトラベルブック」(東京地図出版)は、cotogoto店長・涌井との共著本。

HP://bisaijimasumi.com/

美才治真澄 プロフィール

ご利用ガイド