長谷園の「みそ汁鍋」「かまどさん」が再入荷!

  • レクタングル浅型 (野田琺瑯)
  • レクタングル浅型 (野田琺瑯)
    ホワイト S シール蓋付 1,540円
  • レクタングル浅型 (野田琺瑯)
    グレイ S シール蓋付 1,540円
  • レクタングル浅型 (野田琺瑯)
    ホワイト M シール蓋付 2,420円
  • レクタングル浅型 (野田琺瑯)
    グレイ M シール蓋付 2,420円
  • レクタングル浅型 (野田琺瑯)
    ホワイト L シール蓋付 2,585円
  • レクタングル浅型 (野田琺瑯)
    グレイ L シール蓋付 2,585円
  • レクタングル浅型 (野田琺瑯)
    蓋 単品 シール蓋  S ホワイト用 275円
  • レクタングル浅型 (野田琺瑯)
    蓋 単品 シール蓋  S グレイ用 275円
  • レクタングル浅型 (野田琺瑯)
    蓋 単品 シール蓋  M ホワイト用 330円
  • レクタングル浅型 (野田琺瑯)
    蓋 単品 シール蓋  M グレイ用 330円
  • レクタングル浅型 (野田琺瑯)
    蓋 単品 シール蓋  L ホワイト用 385円
  • レクタングル浅型 (野田琺瑯)
    蓋 単品 シール蓋  L グレイ用 385円

カートに追加されました

カートを見る

  • 配送について

    • 税込1万円以上のご注文で送料無料
    • 10時までのご注文で通常即日発送
      ※受注生産商品除く
  • ギフトラッピングについて

    この商品はラッピング可能です

    チケットを購入

    ギフトラッピングは有料で承ります。ラッピングチケットをご購入ください。

商品について問い合わせる

レクタングル浅型 (野田琺瑯)


  • 保存容器としてはもちろん、バットや型として調理にも活躍する琺瑯製の浅型保存容器。落ち着いた佇まいの「グレイ」は、食卓にそのままだしても様になります。「グレイ S」を使用

  • さばいたり、下味をつけた肉や魚を入れて冷蔵庫や冷凍庫へ。左から「S」、「L」を使用。どちらも「ホワイト」

  • 買ってきた野菜は、カットして琺瑯容器へ。冷蔵庫がごちゃつかず、スペースを効率よく使えます。手前から「S」、「M」を使用。どちらも「ホワイト」

  • マリネなど漬け込み料理もおすすめです。そのまま器として食卓に出しても。「S ホワイト」を使用

  • コーヒーゼリーなどのお菓子づくりにも大活躍。直接火にかけて加熱も可能です。「M ホワイト」を使用

  • サイズは3種類。用途に合わせてサイズを選べます。上から「S」、「M」、「L」。すべて「ホワイト」

  • カラーは「ホワイト」と「グレイ」の2種類。左から「ホワイト」、「グレイ」

  • 蓋はシール蓋のみ。単品でも購入できます

  • 「グレイ」の蓋は、本体の色と合わせて着色されています

  • 中身に合わせて、かたちの違う琺瑯容器を使い分ければ、冷蔵庫の中の整理整頓に。すべて「ホワイト」を使用

レクタングルシリーズの浅型。
「野田琺瑯」の数ある琺瑯容器の中でも、
活躍度において上位入賞は確実なアイテムです。

まずこの薄さ。狭い冷蔵庫の棚にも、2~3個重ねて収納できます。
容器が並んだ冷蔵庫の景色がなんとも清々しいので、
買った野菜やお肉はすぐにさっと下処理して、容器に入れて保存……なんて、
ちょっと自慢したくなる習慣も身につきます。

マスキングテープに中身をメモして側面に貼っておけば、中身も一目瞭然。
様々なかたちのものがひしめく冷蔵庫の中で、
奥に追いやられた食材の賞味期限をうっかり逃す……なんて失敗は格段に減りそうです。

バットとして使えば、調理時にもなにかと便利。
揚げ物や天婦羅の衣をつけるときや、
鍋用の野菜を切り分けておくときにも。

余った食材はシール蓋をして冷蔵庫で保存して、
そのまま次回の調理に使えるので、
時間短縮にも調理時のキッチン周りの整頓にも役立ちます。

浅いかたちは、全体を均一に漬けたり、満遍なくひっくり返しやすいので、
例えば野菜を浅漬けにしたり、魚と一緒にマリネにしたりするときも、
出来上がりの美味しさが格段に違います。

さらには、直火やオーブンで使えるのが琺瑯のよさ。
例えばゼリーを作るなら、この中でまぜて、火にかけて、冷ましたら保管して、
ひとつで何役もこなせてしまうのです。

グラタンやラザニアをオーブン調理して、でき上がったら熱々をそのまま食卓に。
白い器と同じく、料理を選ばないので、優秀なお皿としても頼りになります。

カラーは、真っ白でシンプルな「ホワイト」と
落ち着いた佇まいを感じる「グレイ」の2種類から選べます。

ほんのちょっとの手間で、冷蔵庫の中が見違えて、いつもの料理がグレードアップ。
片付けが苦手でも、このレクタングル浅型があれば、
台所の仕事も自然と楽しくなりそうです。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 左から「S」、「M」、「L」の3サイズ展開です。写真は「ホワイト」

  • 3サイズを入れ子にすれば、すっきり収納できます。写真は「ホワイト」

  • サイズにあわせて、深くなります。写真は「ホワイト」

  • 端の部分はくるりと内側に曲げられています。写真は「ホワイト」

  • 本体の裏側には、野田琺瑯のロゴが入っています。写真は「ホワイト」

  • 材質
  • 本体:琺瑯
    シール蓋:ポリエチレン(EVA樹脂)
  • サイズ
  • S:約W210×D145×H45mm
    M:約W250×D190×H50mm
    L:約W290×D230×H55mm
  • 重量
  • S:約310g
    M:約480g
    L:約705g
  • 容量
  • S:約800ml/約640ml(8分目)
    M:約1400ml/約1120ml(8分目)
    L:約2400ml/約1920ml(8分目)
  • 備考
  • 直火:(本体のみ)○ IH:× 電子レンジ:× オーブン:(本体のみ)○ 食器洗浄機:△(本体のみ) 
野田琺瑯(のだほうろう)について

野田琺瑯ロゴ

琺瑯(ほうろう)の製造は、「素地」と呼ばれる、いわゆる鉄の本体部分の成型行程と、 それにガラス質の釉薬をかけて焼き上げる焼成行程の2つに分かれます。
強いけれどサビやすい鉄と、美しいけれど壊れやすいガラスのいいとこどりをしたのが琺瑯。
けれど、ステンレスやアルミの製造に比べて行程が多く、時間も手間もかかるため、 最盛期には100社近くあった琺瑯メーカーが、今ではめっきりその数が減ってしまいました。
野田琺瑯は、琺瑯づくりの全行程を自社で行うことのできる数少ないメーカーです。

1934年創業の野田琺瑯は、琺瑯一筋に琺瑯製品をつくり続け、家庭用容器のほか、衛生用品や理化学用品などの琺瑯製品の製造も手がけています。

琺瑯は酸や塩分に強いので、食材や薬品の保存に適しており、 さらに、そのまま火にかけることができるため、調理や調合にも都合のいい商品です。そうした琺瑯の特性を生かしながら、野田琺瑯ではさらに、家庭用製品の製造にあたって、料理研究家や主婦の意見を反映させたものづくりを行っています。
そして、効率が悪くても、手間ひまをかけて、数名の熟練の職人によって丁寧に仕上げられた琺瑯製品。 使い勝手を最優先した、奇をてらわないシンプルなデザインは、 時代が変わっても多くの人に支持され続けることでしょう。

野田琺瑯の工房を訪ねて
  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 手仕事で釉薬を施すため、釉薬のムラによる凹凸が見えたりなど、一つ一つの表情には個体差があります

  • 手仕事で釉薬を施すため、下地釉薬(黒色の部分)が見える場合があります

  • 手仕事で釉薬を施すため、下地釉薬(黒色の部分)が見える場合があります

  • 工程上、鋼板の切断部(端部)には釉薬がかかりにくく、素地や下釉薬の黒い筋が見られます

  • 工程上、鋼板の切断部(端部)には釉薬がかかりにくく、素地や下釉薬の黒い筋が見られます。また吊った状態で焼成するため、黒い穴のような吊り跡が残っています

  • 工程上、鋼板の切断部(端部)には釉薬がかかりにくく、素地や下釉薬の黒い筋が見られます。また吊った状態で焼成するため、黒い穴のような吊り跡が残っています

  • 焼成時に高温の炉内で粉塵(黒点)が付着する場合がありますが、ご使用に支障はありません

  • 製造時についた小さな傷が見られる場合がございます

  • わずかな着色が見られることがあります

  • わずかな着色が見られることがあります

  • その他のご注意
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上の注意】
    >> 直火調理できますが、火にかけるときは、必ずシール蓋・密閉蓋をはずしてください。
    >> 電子レンジでのご使用はできません。
    >> 炎は底面より大きくならないようご注意ください。
    >> 空焚きは絶対にしないでください。
    >> 火にかけた容器は相当熱くなりますので、火傷などしないよう必ず濡れ布巾か鍋つかみをご使用下さい。
    >> 冷凍庫に入れて使用することができますが、濡れた手で金属部分に触れると、くっついて凍傷の原因になる恐れがありますので、注意の上ご使用ください。