電話でのお問い合わせについて:
5/26(日)は03-3318-0313へおかけください。

木曽さわらの木蓋(鳥乃子)


  • 木曽サワラのまっすぐで美しい柾目材を使用した木蓋。拭き漆を施した「漆」は、落ち着いた深い色合いが佇まいのよさを引き立てます。「21cm」を使用

  • 大き目の持ち手がついているから、グラグラ煮立っていても安心して素手で持ち上げられます。「21cm」を使用

  • 汚れに強く、中性洗剤を使ってしっかり洗いあげることができる「漆」は、落し蓋としても重宝します。「26cm」のフライパンに「24cm」を組み合わせて使用

  • 「中村銅器製作所」の「アルミ製寄せ鍋」にぴったりの大きさ。落ちついたアルミの輝きに、爽やかな白木の質感は好相性です。「27cm」の寄せ鍋に「24cm」を使用

  • 仕上げは2種類から選べます。左から無塗装の「白木」、拭き漆を施した「漆」

  • サイズは2種類。左から、「21cm」、「24cm」

清々しいまっすぐな木目の「木曽さわらの木蓋」。
鍋にたっぷりと入った野菜が、木蓋の下から覗く姿もみずみずしい。
料亭で味わうような鍋料理、というシチュエーションを一層ワクワクさせる名脇役です。

仕上げは、無塗装の「白木」と拭き漆を施した「漆」の2種類。
「白木」はその清々しい佇まいにほれぼれします。
無塗装仕上げなので木肌への色移り、におい移りが気になる場合は、
一度水にくぐらせてから使ってください。

汚れに強い「漆」は、落し蓋として活躍してくれる使い勝手のいい仕上げ。
中性洗剤できれいに洗いあげることもできるのも、うれしいところです。

「21cm」、「24cm」の2サイズでつくられています。
それぞれ、「中村銅器製作所」の「アルミ製寄せ鍋」の
「24cm」、「27cm」の内側の凹みにぴったりはまります。
金属の鍋の輝きに、爽やかな白木や落ち着いた拭き漆の質感は好相性です。

落し蓋として使う場合は、蓋よりも2~3cm大きいサイズの
鍋やフライパンと組み合わせるのがおすすめです。

どんなに鍋の中身がグラグラと煮立っていても、素手で持てるよう持ち手もしっかり大きめ。
とっても軽いので、土鍋の蓋のように、扱いに気を遣わなくて大丈夫なのもうれしいです。

木曽サワラといえば、おひつの素材としても知られますが、
風呂桶にも使われるほど水に強い素材です。
木曽サワラの性質上、無塗装の「白木」に人体には無害な「木ヤニ」が出てくることがありますが、
黒ずみやカビを防ぐ役目も持つ天然の樹脂です。

使用しているのは、まっすぐですっきりとした木目の柾目材。
柾目材は、水分から来る反りが生じにくいのもうれしいところ。

木曽サワラの存在感。
台所に、食卓に、爽やかな風が吹きそうです。

商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 上から見たところ。きれいな正円形で、中央に持ち手が取りつけられています。左から、「21cm」、「24cm」

  • 裏から見たところ。左から、「21cm」、「24cm」

  • 横から見たところ。持ち手は上が狭い台形です。蓋の側面は斜めにカットされており、下側がわずかにすぼまっています。上から、「21cm」、「24cm」

  • 持ち手は蓋上部の凹みにしっかりとはめられています。接着剤は使われていません

  • 蓋の裏側中央には製造工程上、穴があけられています。製品仕様となりますのでご了承ください

  • 木曽サワラの性質上、少しベタついた「木ヤニ」が出てくることがあります。ヤニは耐水性や耐酸性のもとで、黒ずみやカビを防ぐ大事な天然の樹脂。人体には無害です

  • 「21cm」、「24cm」それぞれ「アルミ製寄せ鍋(中村銅器製作所)」の「24cm」、「27cm」の内側の凹みにぴったりはまります。写真は「アルミ寄せ鍋 24cm」に、「21cm 漆」を組み合わせたところ

cotogotoで扱っている鍋と組み合わせてみました

「木曽さわらの木蓋」をcotogotoで取り扱っている専用蓋がない鍋と組み合わせてみました。
ぜひご購入の際に参考にしてみてください。

  • 材質
  • 木曽サワラ(漆塗り)
    >> お手入れについてはこちら
  • サイズ
  • 21cm:約φ210×H45mm(本体:H約10mm)
    24cm:約φ240×H45mm(本体:H約10mm)
    ※すべて個体差があります。
  • 重量
  • 21cm:約155g
    24cm:約180g
  • 備考
  • 食器洗浄機:×
鳥乃子について

鳥乃子ロゴ

長野県松本市の黒地に白格子が印象的な「なまこ壁」の蔵建築が並ぶ中町通りにあるお店が「鳥乃子(とりのこ)」です。
1935年創業の漆塗りの会社・株式会社斉藤漆芸(しつげい)が運営しています。
創業当初は漆器に沈金(ちんきん)と呼ばれる装飾を施したり、
屏風や家具を作成していましたが、
時代の流れに合わせお櫃や飯台、せいろなども販売するようになったそう。
木曽ヒノキの産地である木曽にもアトリエを設け、
現在は3代目であるご主人が地元木曽の職人さんとも繋がりながら、漆器の制作を行っています。

  • 木曽さわらの木蓋(鳥乃子)
  • 木曽さわらの木蓋(鳥乃子)
  • 木曽さわらの木蓋(鳥乃子)
  • 木曽さわらの木蓋(鳥乃子)

価格: 1,980
(税抜価格 1,800 円)

39ポイント進呈

1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

ご購入数量

サイズ・色を選ぶ
閉じる

※「再入荷のお知らせ」はご予約ではありません。

ギフトラッピングをご希望の方はラッピングチケットをご購入くださいギフトラッピングをご希望の方はラッピングチケットをご購入ください

【配送について】5月25日(土)朝10時~27日(月)朝10時までのご注文は、27日(月)出荷となります。

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 木の節が見られる場合があります。天然の素材ならではの特性ですので、ご了承ください

  • 「木ヤニ」や、ひびが見られる場合があります。天然の素材ならではの特性ですので、ご了承ください

  • ささくれが見られる場合があります。天然の素材ならではの特性ですので、ご了承ください

  • 凹みが見られる場合があります。製品仕様となりますのでご了承ください

  • 凹みが見られる場合があります。製品仕様となりますのでご了承ください

  • 小さな傷が見られる場合があります。製品仕様となりますのでご了承ください

  • 木目や色味に個体差が見られる場合があります

  • 蓋と持ち手の接合部分に、凹凸が見られる場合があります。製品仕様となりますのでご了承ください

  • その他のご注意
    >> かたちや大きさに個体差が見られる場合があります。製品仕様となりますのでご了承ください。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております

    【使用上のご注意】
    >> 使う前に水にくぐらせるとにおいや色移りを防ぐことができます。
    >> 金属の熱により、焦げる可能性があるため、火力に注意してご使用ください。
    >> 直接火に当たらないようにして使用してください。
    >> 使用後、すぐに洗うことが望ましいですが、時間が経ち食材などが乾いてかたくなったときは、こすり取らずに水に浸けてやわらかくしてから落としてください。その際は水に浸けるのは最低限の時間にしてください。
    >> カビを防ぐため、布巾で水気をさっと拭いて表面をできるだけ乾燥させてください。

    【お手入れについて】
    <白木の場合>
    >> 使い終わった後は水とタワシで洗い、十分に乾燥させてください。

    <漆の場合>
    >> 表面の漆塗りを長持ちさせるために、洗うときは強くこすらず、やわらかいスポンジなどでやさしく洗ってください。中性洗剤を使用することができます。
    >> 漆は紫外線に弱いので、直射日光に長時間さらすのは避けてください。
    >> 表面の漆が擦れて白く木肌が見えてきたら、塗り直しをおすすめします。

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける