「文化鍋」ご購入で「落とし蓋」をプレゼント!

せいろ (鳥乃子)


  • せいろ (鳥乃子)

    「せいろ」を使えば、買ってきた中華まんもしっとりふっくら。食材の水分を補ってくれるので、本来の美味しさを引き出してくれます。「27cm」は直径約10cmの中華まんが4個入ります。「白木」を使用

  • せいろ (鳥乃子)

    立ち上る湯気と木曽檜(ひのき)の爽やかな香りで、調理中も幸福感に満たされます。「21cm 白木」を使用

  • せいろ (鳥乃子)

    火が通りやすい食材は上段、通りにくいものは下段といったように、食材に合わせて重ねる順を工夫すれば、「身」を数段重ねて一度に食事の準備が整います。器として食卓に出せば見栄えもよく、より美味しく感じられます。「18cm 漆」を使用

  • せいろ (鳥乃子)

    「18cm」は、日常使いしやすいコンパクトサイズ。「せいろ」で蒸せば冷やご飯もふっくら、つやつやに。炊き立てでなくても、毎日のごはんを美味しくいただけます。「漆」を使用

  • せいろ (鳥乃子)

    狭い収納スペースなどにもすっと入り込むコンパクトさ。佇まいも素敵なので、見せる収納にも最適です。写真は「15cm 白木」

  • せいろ (鳥乃子)

    別売りの「中華セイロ用受け台 (北陸アルミニウム)」があれば、専用の鍋がなくてもお手持ちの鍋で蒸すことができます。写真は「21cm 白木」と「27cm鍋用」を組み合わせて使ったところ

  • せいろ (鳥乃子)

    別売りの「中華セイロ用受け台 (北陸アルミニウム)」と組み合わせれば、使える鍋の種類やサイズが広がります。左から「27cm鍋用」+中華鍋 27cmせいろ 24cm、「24cm鍋用」+両手鍋 22cmせいろ 21cm、「20cm鍋用」+雪平鍋 19.5cmせいろ 18cm

  • せいろ (鳥乃子)

    仕上げは「漆」(左)と「白木」(右)の2種類。丈夫さや乾きやすさを重視する場合は「漆」を、木曽檜の香りをより感じたい場合は「白木」がおすすめです

  • せいろ (鳥乃子)

    どちらの仕上げも桜皮で留められています。左から「白木」、「漆」。「漆」は巻き終わりの境目を木粉と漆を練ったもので埋めているため、より頑丈な仕上げになっています

  • せいろ (鳥乃子)

    「15cm 身」(左)のみ段があります。「18cm」、「21cm」、「24cm」、「27cm」(右)にはありません。サイズが大きさに比例して側面の巻き数が増え、厚みが増します。「15cm」は巻きが少なく、薄いため、段をつけることで安定して重ねられるようにしています

  • せいろ (鳥乃子)

    サイズは左から「15cm」、「18cm」、「21cm」、「24cm」、「27cm」の5種類。家族や料理などに合わせてお選びください。左から「白木」、「漆」、「白木」、「漆」、「白木」

せいろの蓋から湯気が立ち上る様子は、
ステンレスの蒸し器とはまた違った姿。
檜(ひのき)の香りがホカホカの湯気とともに
部屋に漂いはじめるのは、幸福感に満たされる瞬間です。

木曽の良質な木材や漆を生かしたものづくりを行う「斎藤漆芸(しつげい)」が
手がけるブランド「鳥乃子(とりのこ)」の「せいろ」。
仕上げは木地そのままを生かした「白木」と、
側面に拭き漆を施して仕上げた「漆」の2種類からお選びいただけます。

「白木」は、食材を蒸している最中から、
木曽檜の爽やかな香りが漂い、なんだか幸せな気持ちに。
はじめは白木の清々しい姿を楽しめ、
使い込むほどに深みのある色合いに変化する経年変化も楽しめます。

珍しい「漆」は重厚感が漂う佇まい。
側面の拭き漆は4層ほど重ねられ、木目の美しさを損なわず、かつ木地を丈夫にする効果が。
そして漆には撥水効果があるので、使用後には水分が乾きやすくなり、扱いが楽に。
お手入れに不安がある方は、「漆」仕上げがおすすめです。

「15cm」、「18cm」、「21cm」、「24cm」、「27cm」と
小ぶりなサイズから家族分が一度に蒸せる大きいサイズまで幅広く揃えました。
日々の生活に便利なのは、「15cm」や「18cm」、「21cm」のコンパクトなサイズ。

例えば肉まんがちょうど一つ収まる「15cm」は、
1人分の野菜、飯わん1膳分の冷やご飯などを
温めたいときにさっと取り出せます。

「18cm」には飯わん1膳がゆったり収まり、
家族分の茶碗蒸しやプリンを蒸したい場合は
直径約8cmの蕎麦猪口が三つほど入る「21cm」がおすすめです。

家族分の蒸し料理なら「24cm」か「27cm」を。
平皿などでそのまま蒸したい場合にも、このサイズ感は重宝するはずです。

「身」を複数使って重ねれば、
パンや野菜など、異なる食材を同時に蒸すことも可能。
そのまま食卓に運べば、素敵な器に早変わり。
忙しいときでも、心と体が喜ぶ食事があっという間に整います。

用途や家族の人数に合わせて幅広くサイズを選べる「せいろ」は
重ねることで人数の変化や料理の種類にも、より柔軟に対応できるのが使い勝手がいい理由です。

【せいろの簡単活用法】

●基本の3ステップ
1. 水にさらしたせいろの身に、クッキングシートや蒸し布(ガーゼや晒を湿らせたものでOK)を敷き、食材を並べます。
2. お湯が沸騰した鍋に蒸し板をのせ、せいろの身と蓋をのせます。
3 食材によって蒸し時間を調整して蒸し上げます。

●重ねて使う場合
身を複数重ねて使う場合は、3段までがおすすめです。
火が通りやすい食材は上段、通りにくいものは下段といったように、
食材に合わせて重ねる順を工夫すると美味しく蒸すことができます。

●シュウマイ・中華まん
10~15分でふっくらと蒸しあがります。
※既成の温めは、各商品の表示に従ってください。

●ご飯の温め
1膳あたり約2~3分蒸らせば炊きたての味に。
※冷凍ご飯は、自然解凍してから蒸します。冷凍したままだと上記の時間より長く蒸すことになります。

●蒸し野菜
さつまいもの輪切り 約15~20分
かぶ半切り 約8~10分
※ 蒸し時間は、目安です。食材の量や切り方によっても異なりますので、
竹串などで刺したときのかたさや、割ったときの具合を見ながらお好みの加減で蒸し上げてください。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • せいろ (鳥乃子)

    「蓋」を上から見たところ。どちらの仕上げも丈夫に仕上がる網代編(あじろあみ)で編まれています。余分な蒸気を程よく逃し、水滴が食材に落ちることを防ぎます。そのため、蓋に晒や布巾を巻く必要もありません。左から「漆」、「白木」。どちらも「15cm」

  • せいろ (鳥乃子)

    「蓋」の裏面。網代編の様子がよくわかります。左から「漆」、「白木」。どちらも「15cm」

  • せいろ (鳥乃子)

    「身」を上から見たところ。ひごにした竹が渡されています。使われている竹も木曽で採れたものを使用しています。左から「漆」、「白木」。どちらも「15cm」

  • せいろ (鳥乃子)

    「身」の底面。2本の竹で補強されています。器ごと蒸すなど、重さがある場合でも安心です。左から「漆」、「白木」。どちらも「15cm」

  • せいろ (鳥乃子)

    「蓋」を横から見たところ。上段左から「15cm」、「18cm」、「21cm」。下段左から「24cm」、「27cm」。「18cm」と「21cm」の高さは大きく変わりません。すべて「白木」

  • せいろ (鳥乃子)

    「身」を横から見たところ。左から「15cm」、「18cm」、「21cm」。下段左から「24cm」、「27cm」。「15cm」は蓋を安定してのせるためのかみ合わせがあり、「18cm」や「21cm」と高さが大きく変わりません。すべて「漆」

  • せいろ (鳥乃子)

    サイズによってつまみのかたちが異なります。上が「15cm」、下が「18cm」、「21cm」、「24cm」、「27cm」

  • せいろ (鳥乃子)

    各サイズに直径約10cmの肉まんを入れてみたところ。左から「15cm」、「18cm」、「21cm」

  • せいろ (鳥乃子)

    各サイズに直径約10cmの肉まんを入れてみたところ。左から「24cm」、「27cm」

  • せいろ (鳥乃子)

    各サイズに直径約8cmの蕎麦猪口を入れてみたところ。左から「15cm」、「18cm」、「21cm」

  • せいろ (鳥乃子)

    各サイズに直径約8cmの蕎麦猪口を入れてみたところ。左から「24cm」、「27cm」

  • せいろ (鳥乃子)

    高さ約6.1cmのそば猪口を入れてみたところ。左が「15cm」、右が「18cm」、「21cm」、「24cm」、「27cm」。「15cm」は蓋はのせられますが、身は重ねられません。身を重ねる場合は高さ4cm以下の器をお選びください。その他のサイズは身と蓋をのせられます

  • 材質
  • 蓋と身の上面と底面:竹
    蓋と身の側面(白木):檜
    蓋と身の側面(漆):檜(漆塗り)
    留め具:桜皮、ステンレス
  • サイズ
  • 15cm
    蓋:約φ150~155×H70~75(内寸 φ120~125×H40~45)mm
    身:約φ150~155×H70(内寸 φ120~125×H40~45)mm

    18cm
    蓋:約φ180×H80~85(内寸 φ150~155×H55)mm
    身:約φ180×H75(内寸 φ150~155×H55)mm

    21cm
    蓋:約φ210~215×H80~85(内寸 φ175~180×H55)mm
    身:約φ210~215×H75(内寸 φ175~180×H55)mm

    24cm
    蓋:約φ240~245×H85~90(内寸 φ215~220×H60)mm
    身:約φ240~245×H70~75(内寸 φ215~220×H55)mm

    27cm
    蓋:約φ270~275×H90~95(内寸 φ240~245×H65)mm
    身:約φ270~275×H70~75(内寸 φ240~245×H55)mm

    ※蓋の外寸の高さは取っ手を含みます。
  • 重量

  • 15cm:約105~110g
    18cm:約185~200g
    21cm:約240~250g
    24cm:約335~345g
    27cm:約430~440g


    15cm:約140~155g
    18cm:約200~215g
    21cm:約275~285g
    24cm:約330~345g
    27cm:約415~420g
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:×
鳥乃子について

鳥乃子ロゴ

長野県松本市の黒地に白格子が印象的な「なまこ壁」の蔵建築が並ぶ中町通りにあるお店が「鳥乃子(とりのこ)」です。
1935年創業の漆塗りの会社・株式会社斉藤漆芸(しつげい)が運営しています。
創業当初は漆器に沈金(ちんきん)と呼ばれる装飾を施したり、
屏風や家具を作成していましたが、
時代の流れに合わせお櫃や飯台、せいろなども販売するようになったそう。
木曽ヒノキの産地である木曽にもアトリエを設け、
現在は3代目であるご主人が地元木曽の職人さんとも繋がりながら、漆器の制作を行っています。

  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)
  • せいろ (鳥乃子)

価格: 10,450
(税抜価格 9,500 円)

209ポイント進呈

1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

ご購入数量

サイズ・色を選ぶ
閉じる

※「再入荷のお知らせ」はご予約ではありません。

ギフトラッピングをご希望の方はラッピングチケットをご購入くださいギフトラッピングをご希望の方はラッピングチケットをご購入ください
  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • せいろ (鳥乃子)

    天然素材を使用しているため、竹や木の色、節目、桜皮のかたちなどには個体差があります

  • せいろ (鳥乃子)

    天然素材を使用しているため、竹や木の色、節目、桜皮のかたちなどには個体差があります

  • せいろ (鳥乃子)

    素材の性質上、ささくれ、トゲがあります。これは自然素材の特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • せいろ (鳥乃子)

    素材の性質上、ささくれ、トゲがあります。これは自然素材の特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • せいろ (鳥乃子)

    素材の性質上、ささくれ、トゲがあります。これは自然素材の特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • せいろ (鳥乃子)

    素材の性質上、ささくれ、トゲがあります。これは自然素材の特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • せいろ (鳥乃子)

    素材の性質上、ささくれ、トゲがあります。これは自然素材の特性です。不良品ではありませんのでご理解ください

  • せいろ (鳥乃子)

    蓋の竹は、編む上で裂けている箇所がある場合があります

  • せいろ (鳥乃子)

    蓋の竹は、編む上で裂けている箇所がある場合があります

  • せいろ (鳥乃子)

    蓋の竹には裂けている箇所がある場合があります

  • せいろ (鳥乃子)

    枠の部分は、薄くした木板を重ね合わせています。木の形状によって、隙間があいている場合があります

  • せいろ (鳥乃子)

    一つ一つ手作業でつくっているため、内側に見える桜皮に隙間ができている場合があります

  • せいろ (鳥乃子)

    ワイヤーが歪んでいる場合があります。使用には問題ありません

  • せいろ (鳥乃子)

    製造工程上、小さな凹みが見られることがあります

  • せいろ (鳥乃子)

    製造工程上、小さな凹みが見られることがあります

  • せいろ (鳥乃子)

    製作工程でつけられた印などが見られることがあります

  • せいろ (鳥乃子)

    一部漆が薄くなっている箇所があります

  • せいろ (鳥乃子)

    天然素材を使用しているため、シミのようなものが見られる場合があります

  • その他のご注意
    >> 一つ一つ手作業でつくられているため、かたちに個体差があったり、蓋の取っ手の位置が中央から少しずれていることがあります。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【ご使用上のご注意】
    >> せいろの焦げ防止、乾燥による亀裂、変形などの防止のため、使用前に水にさらしてください。特にはじめのうちは、水にくぐらせて、全体をしっかり濡らしてください。
    >> 一番最初にご使用になるときに、木のにおいや木くずなどが気になる場合は、水に濡らしてから5分~10分ほど空蒸しして、水洗いをしてください。
    >> せいろは、鍋のお湯が沸いてからのせてください。ガスの火は、その後弱火にしてください。
    >> 肉汁が出るシュウマイなど、すのこが汚れそうなものを蒸すときは、レタスや晒を敷いたり、お皿やお椀などを入れ、すのこを汚さないようにお使いください。
    >> 長時間水につけるのは、避けてください。
    >> せいろを洗う場合、食器用洗剤を使用しないでください。
    >> 使用後、汚れが少ないときはお湯で湿らせた布で拭くようにしてください。
    >> 脂分などで汚れてしまった場合は、ぬるま湯でさっと洗い、風通しのいいところでしっかり乾燥させてください。
    >> ポリ袋など通気性の悪いものに入れたり、通気性の悪い場所にしまわないでください。カビや歪み、虫くい等の原因になります。
    >> 経年変化により、木目に沿って亀裂が発生してしまいますが、ご了承ください。

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける