鶏そぼろ | お弁当おかずリメイクレシピ | cotogoto コトゴト

【ご注文商品のお届けについてのお知らせ】
ただいまご注文が大変混み合っております。
発送まで2~3日程度お時間をいただきますこと、何卒ご了承ください。

<「総額表示」義務化に伴うお知らせ>

1品で3度美味しい!お弁当おかずリメイクレシピ

くせがなくやさしい味わいの「鶏そぼろ」は、誰にでも好まれるおかずの一つ。
炒り卵やグリンピースと一緒にお弁当に詰めれば、彩もよく、春を感じるお弁当に。
「鶏そぼろ」の生姜の香りも食欲をそそります。

オイスターソースとナンプラー、バジルが効いた「鶏肉のバジル炒め」と、
春雨のつるっとした喉越しが後を引く「麻婆春雨」にリメイクします。

  • 基本のおかず

    1

    生姜が効いたやさしい味わい

    鶏そぼろ

    材料(1人分)

    鶏挽き肉…120g
    生姜(薄切り)
    …2~3枚(3g)

    (A)
    酒…大さじ1/2
    みりん…大さじ1/2
    しょうゆ…小さじ2
    砂糖…小さじ1/2

    卵…1個

    (B)
    みりん…小さじ1
    塩…少々

    サラダ油…小さじ2
    グリンピース
    …2さや(正味10g)

    つくり方

    1.生姜は千切りにします。フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱し、生姜を入れます。香りが立ったら鶏挽き肉を入れて炒め、肉の色が変わったら、合わせた(A)を加えて汁気がなくなるまで炒めて取り出します。
    2.ボウルに卵を割りほぐし、(B)を加えて混ぜます。1のフライパンをさっと拭き、残りのサラダ油小さじ1を入れて中火で熱し、卵を流し入れてそぼろ状になるまで炒めます。
    3.鍋に湯を沸かし、グリーンピースを茹でます。水にとり、冷めたら水気を切ります。
    3.お弁当にご飯をよそい、「鶏そぼろ」、炒り卵、グリーンピースをのせます。

  • リメイクおかず

    1

    楽しい歯応えと食欲そそるエスニック風味

    鶏肉のバジル炒め

    材料(1人分)

    「鶏そぼろ」…1人分
    茹でたけのこ…30g
    赤・緑ピーマン
    …各1/2個(各15g)
    にんにく(みじん切り)
    …小さじ1/2
    バジル…3~4枚(4~5g)

    (A)
    オイスターソース…小さじ1/2
    ナンプラー…小さじ1/2
    酢…小さじ1

    サラダ油…小さじ1

    つくり方

    1.たけのこ、ピーマンは1cm角目安に切ります。
    2.フライパンににんにくとサラダ油を入れて中火で熱し、1を炒めます。
    3.全体が馴染んだら「鶏そぼろ」を加えて炒め、合わせた(A)で調味します。火を止めてバジルをちぎって加えます。お好みで粗挽き胡椒少々を振ります。

  • リメイクおかず

    1

    そのままでも、ごはんにのせても

    麻婆春雨

    材料(1人分)

    「鶏そぼろ」…1人分
    春雨…40g
    にら…1/3束(30g)
    にんじん…1/4本(30g)
    生きくらげ…1枚(10g)

    (A)
    鶏ガラスープの素
    …小さじ1/2
    酒…小さじ1
    味噌…小さじ1
    砂糖…小さじ1/2
    胡椒…少々
    湯…1/2カップ

    にんにく(みじん切り)
    …小さじ1/3
    生姜(みじん切り)
    …小さじ1/3
    ごま油…小さじ1
    片栗粉…小さじ1
    水…大さじ1

    つくり方

    1.鍋に湯を沸かし、春雨を入れて2分ほど茹でてざるに上げます。
    2.(A)はすべて合わせて溶いておきます。
    3.にらは5cmの長さに切ります。にんじんは5cmの長さの細切りにします。きくらげは細切りにします。
    4.フライパンにごま油、にんにく、生姜を入れて中火にかけ、香りが立ったらにんじん、きくらげを入れて炒めます。
    5.3に「鶏そぼろ」、にらを順に加えて炒め、全体が馴染んだら2のスープを加えます。
    6.1の春雨を加えて全体を混ぜ、大さじ1の水で溶いた片栗粉を回し入れます。とろみがついたら火を止めます。

     
美味しい食べ合わせ

プラスすると栄養面や味、食感、彩りなど、
ぐんとお弁当のバランスがよくなる副菜をご紹介。

ブロッコリーとえびの揚げワンタン


ブロッコリーとえびの揚げワンタン

刻んだブロッコリーとえび、ゆず皮をワンタン皮で包んで揚げた一口サイズの副菜。ゆずが香り、さっぱりといただけます。ブロッコリーは免疫力を上げてくれるビタミンCが豊富。風邪予防に取り入れたい食材です。

材料(1人分)

ワンタン皮…5枚
むきえび…3尾(20g)
ブロッコリー…1房(15g)
ゆず…少々

(A)
塩、胡椒…各少々
小麦粉…小さじ1/2

サラダ油…大さじ3~4

つくり方

1.むきえび、ブロッコリーは粗みじんに刻みます。ゆず皮はすりおろします。
2.ボウルに1と(A)を加えて混ぜ、5等分にします。ワンタン皮にのせ、縁に水をつけて真ん中に向けて折り畳むように口を閉じます。
3.小さめのフライパンにサラダ油を中火で熱し、2の閉じ口をを下にして入れます。両面焼き色がつくまで揚げ焼きにします。



春菊と長ねぎのごまよごし


春菊と長ねぎのごまよごし

さっと茹でた春菊と長ねぎを黒すりごまでごま和えに。爽やかな香りが特徴的な春菊ですが、その香りには自律神経を整え、胃腸を活性化する働きが。緑黄色野菜なので、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルも豊富。骨の健康に一役買ってくれます。

材料(1人分)

春菊…1/4束(50g)
長ねぎ…1/4本(20g)

(A)
黒すりごま…大さじ1/2
砂糖…小さじ1/2
しょうゆ…小さじ1/2

つくり方

1.春菊はさっと茹でて水にとり、水気をよく絞ったら、3~4cmの長さに切ります。長ねぎは斜め薄切りにして冷水で揉み洗いします。
2.ボウルに(A)を合わせ、1を加えて和えます。

使ったお弁当箱

角型ランチボックス 中(工房アイザワ)

ほどよい大きさのあるステンレス製の一段弁当箱。ごはんを敷いて上に具材をのせる詰め方に便利なかたちです。角が丸くなっているので洗いやすく、丈夫なところもうれしいポイント。

みないきぬこさん

料理家

女子栄養大学卒業後、料理研究家・枝元なほみさんのアシスタントを経て、2007年に独立。雑誌やテレビ、広告などで料理家・フードコーディネーターとして活躍する傍ら、ケータリングなどの活動や女子栄養大学で非常勤講師も務める。スパイスやハーブを上手に取り入れた家庭料理やおもてなし料理が人気。素材と素材の美味しい組み合わせを見つけるのが得意で、自由な発想による料理の幅の広さに定評がある。「はじめてのストウブ」(池田書店)や「かんたん、なのに満足!スープでごはん」(池田書店)、栄養の知識を活かした「大豆で美味しい毎日レシピ」(枻出版社)など著書多数。
みないきぬこさん