管理栄養士・美才治真澄さんに教わる、二十四節気の食べごろレシピ 2019 大寒

管理栄養士・美才治真澄さんに教わる、二十四節気の食べごろレシピ


二十四節気 大寒 イメージ

2019年1月公開

「大寒(だいかん)」は一年で最も寒い時期。
体調を崩しやすい時期ともいえますが、
旬の食材からしっかり栄養補給して
寒さも吹き飛ばすくらい元気に過ごしたいですね。
今回は、ベトナムの屋台料理「ボッチン」をアレンジした一品。
お正月に残ってしまった餅を使ってつくれますよ!


>> 二十四節気「大寒」について詳しくはこちら

大寒の献立

餅入り卵焼き
なます添え

調理時間:15分
352kcal(1人分)

揚げ餅を卵でとじていただく、ベトナムの屋台料理「ボッチン」を
アレンジしてつくる今回のメニュー。
ほんのり黒こしょうがきいたふわふわの半熟の卵と
もちもちの餅の触感を楽しめます。
チリソースをつけて食べると、
味にアクセントがついてより美味しくいただけます
旬の食材である、大根と金時人参を使ってつくった
なますを口直しに添えれば、重くならず
最後までさっぱりと食べられます。


カリフラワーとカブのフリット焼き葱ディップ
材料:2人分

卵…3個
切り餅…3個(150g)

バジル…大きめの葉6枚
バター…小さじ2
ナンプラー…小さじ1
バター…小さじ2
黒こしょう…適量

(なます)
大根
…6cm幅(200g)
金時人参…1/4本(50g)
鷹の爪(小口切り)…1/3本
砂糖…大さじ1
酢…大さじ1
ナンプラー…大さじ1/2

チリソース…お好みで適宜

つくりかた
  • 1.

    レシピ つくりかた

    なますをつくります。大根と金時人参は千切りにします。

  • 2.

    レシピ つくりかた

    1を残りの材料と合わせて揉み、しんなりするまで置いておきます。

  • 3.

    レシピ つくりかた

    餅入り卵焼きの調理に移ります。卵はボウルに入れ、ナンプラーと黒こしょうを加えて溶きます。餅は一口大のサイズに切ります。


    【ポイント】
    卵液はあまり混ぜず、白身と黄身が少し分離しているくらいにしましょう。こうすることによって、ふわっととろみのある卵になります。

  • 4.

    レシピ つくりかた

    フライパンに半量のバターを入れて餅を並べます。中火で3分ほど、写真のように両面にほんのり焼き色がつくまで焼きます。

  • 5.

    レシピ つくりかた

    4に残りのバターを入れ、3の卵液を加えて木べらなどで数回大きく混ぜます。

  • 6.

    レシピ つくりかた

    ちぎったバジルを加えてざっくり混ぜます。卵が半熟状態になったら火からおろします。

    【ポイント】
    バジルと一緒に混ぜる時、混ぜすぎには注意しましょう。混ぜすぎてしまうと、卵がスクランブルエッグ状態になってしまいます。

  • 7.

    レシピ つくりかた

    器に盛り、なますとお好みでチリソースを添えたら完成です。

栄養のまめ知識

*新年を迎え、気持ちも新たにダイエットやボディメイクに挑戦しようとしている人に、今回の主食材である「餅」はおすすめな食材です。筋トレや有酸素運動中に使われるエネルギーの源は「糖質」。これを摂らずに運動を続けても、筋肉がつきにくかったり代謝が落ちたりと、効率よく効果を出すことができません。運動前後の糖質補給源としてコンパクトで手軽に食べられる餅はとっても優秀なのです。生の「大根」と一緒に食べれば、大根に含まれる「アミラーゼ」という消化酵素が餅の消化を助け、体づくりの妨げにもなりません。ぜひ今回のメニューを取り入れてみてください。

*「大根」は表面に張りと艶があり滑らかなものを選びましょう。持った時にずっしりと重みがあり、太くてまっすぐなものが良品です。カット売りのものは、断面がみずみずしく乾燥していないもの、色は真っ白でスジが入っていないものを選びましょう。

*「金時人参」は“京人参”とも呼ばれ、鮮やかな濃赤色と甘みが特徴。初冬から2月くらいにかけて出回ります。普通の人参より肉質がやわらかく千切りもしやすいです。選ぶ際には、表面に凸凹がなく艶のあるもの、葉の根元が青みがかっていたり、黒ずんでいたりしないものが良品です。

美才治 真澄(びさいじ ますみ)
管理栄養士 / フードコーディネーター

香川栄養専門学校(女子栄養大学短期大学部)卒業後、管理栄養士・荒牧麻子氏に師事。のちブラジル・バイーアへ料理留学。帰国後ヴィーガンカフェ “Cafe Eight”のフードディレクターとしてケータリング・商品開発の企画運営に携わる。 現在はフリーランスとして、企業、メディアに向けたメニュー提案及び調理&スタイリング、栄養相談、料理教室、オーダーメイドケータリングなどを中心に活動中。女子栄養大学生涯学習講師。
著書に「満たされスープ」(世界文化社)、「かわいい!カラフルお弁当」(女子栄養大学出版部)。監修を手がけたものに「ギャル曽根流 大食いHAPPYダイエット」「世田谷農家に教えてもらう本当においしい野菜の食べ方」(ともにマガジンハウス)ほか。「ELLE a table」「VOGUE」「anan」「Hanako」「Tarzan」など各誌でも活躍中。ちなみに「トルコトラベルブック」(東京地図出版)は、cotogoto店長・涌井との共著本。

HP:http://bisaijimasumi.com/

美才治真澄 プロフィール

ご利用ガイド