1品で3度美味しい!お弁当おかずリメイクレシピ

養殖が盛んで年中出回っているホタテですが、
天然のものは旬が2回あると言われています。
一度目は産卵前の冬。
そして、えさであるプランクトンをたくさん食べて貝柱が太る7月頃が二度目の旬。
ぷっくりとした貝柱をお弁当に入れるなら、
ニンニクとバターでシンプルに焼きつける「ホタテのガーリックバター焼き」に。

衣にハーブとチーズを混ぜ込んで一工夫した「ホタテフライ」と、
野菜と一緒にごはんと炒めるだけでできる「ホタテピラフ」にリメイクします。
旨味が強いホタテの貝柱は、料理の味をぐっと引き上げてくれます。

  • 基本のおかず

    1

    食欲をそそるニンニクとバターの香り

    ホタテのガーリックバター焼き

    材料(1人分)

    ホタテ貝柱…5個(100g)
    ニンニク(すりおろし)
    …小さじ1/4
    バター…5g
    しょうゆ…小さじ1/2
    粗挽き胡椒…少々

    つくり方

    1.フライパンにバター、ニンニクを入れて中火にかけ、香りが立ったらホタテを入れます。両面焼き色がつくように強火にしてさっと焼きます。
    2.しょうゆを回し入れ、こしょうを振って火を止めます。
    3.フライパンからバットや皿に一旦取り出し、冷めてから詰めます。


  • リメイクおかず

    1

    ハーブが香る衣がポイント

    ホタテフライ

    材料(1人分)

    「ホタテのガーリック
    バター焼き」…1人前
    小麦粉、溶き卵…各適量
    揚げ油…適量

    (A)
    パン粉
    (中挽き、目の細かいもの)
    …10g
    粉チーズ…大さじ1
    お好みのハーブ…少々
    ※今回はタイムを使用。フレッシュな方が香りが立ちますが、乾燥したものでも可。

    つくり方

    1.ハーブは葉を刻み、残りの(A)と合わせておきます。
    2.「ホタテのガーリックバター焼き」に小麦粉、溶き卵、1の順につけます。
    3.フライパンに油を1cmほど入れて中火で熱し、2を両面30秒ほど揚げます。

  • リメイクおかず

    1

    ホタテの旨味でごちそうごはん

    ホタテピラフ

    材料(1人分)

    「ホタテのガーリック
    バター焼き」…1人分
    ごはん…150g
    玉ねぎ…1/8個(30g)
    ズッキーニ…1/5本(30g)
    赤パプリカ…1/6個(20g)
    オリーブオイル…小さじ1
    ニンニク(すりおろし)
    …小さじ1/2
    塩、胡椒…各少々

    つくり方

    1.「ホタテのガーリックバター焼き」を、粗めにほぐします。玉ねぎ、パプリカは粗みじん切り、ズッキーニは1cm角に切ります。
    2.フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて中火で熱し、香りが立ったら、1の野菜を炒めます。
    3.しんなりしたら、ごはん、1のホタテを加えて炒めます。全体が馴染んだら塩、胡椒で味を調えます。

     
美味しい食べ合わせ

プラスすると栄養面や味、食感、彩りなど、
ぐんとお弁当のバランスがよくなる副菜をご紹介。

エスニックバジルサラダ


エスニックバジルサラダ

パクチー、ナンプラー、レモンにバジルを利かせたエスニックな味わいのサラダ。ピーナッツがアクセントになっています。夏が旬のバジルには、抗酸化作用があり、紫外線などによる老化防止が期待できる食材。また、香りには食欲増進効果があるので、夏バテ防止にもおすすめです。

材料(1人分)

紫玉ねぎ…20g
にんじん…20g
セロリ…20g
塩…少々

(A)
ナンプラー…小さじ1
レモン汁(またはライム汁)
…小さじ1
サラダ油…小さじ1
パクチー(みじん切)…少々

バジル…2~3枚
ピーナッツ(粗みじん切り)…5g

つくり方

1.紫玉ねぎは薄切りにして流水でもみ洗いします。にんじんは薄いいちょう切り、セロリは薄切りにします。
2.1をボウルにすべて合わせ、塩少々をまぶして5分ほど置きます。
3.ボウルに(A)を合わせ、ちぎったバジル、水気を絞った2、ピーナッツを加えて和えます。



揚げなすの枝豆和え


揚げなすの枝豆和え

素揚げしたなすを潰した枝豆、めんつゆで和えた夏らしい一品。とろりとしたなすと枝豆のやさしい甘さが相まって、まろやかな味わいです。枝豆は、タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富な食材。消化を促し、糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンB1も豊富なので、夏のスタミナ不足解消に一役買ってくれます。

材料(つくりやすい分量)

なす…1/2本(40g)
茹で枝豆
(鞘から出したもの)…30g
みょうが…1/2個(10g)
揚げ油…適量

(A)
めんつゆ(3倍濃縮タイプ)
…小さじ1/2
塩、砂糖…各一つまみ

つくり方

1.なすは乱切りにします。フライパンに揚げ油を2cmほど入れて中火で熱し、なすを揚げ焼きにします。
2.みょうがは小口切りにして冷水に5分ほど放します。
3.すり鉢に枝豆を入れて叩くようにしてすりつぶします(すり鉢がなければみじん切でも可)。(A)を加えて混ぜ、1と2を加えて和えます。

使ったお弁当箱

レクタングル深型 S 密封蓋付(野田琺瑯)

保存容器として人気の野田琺瑯の「レクタングル深型」。「S」はお弁当にもちょうどいいサイズです。ガラス質の釉薬でコーティングされているので、ニンニクなど香りの強いものにも気にせず使えます。密閉蓋なら、多少の汁気も安心。

みないきぬこさん

料理家

女子栄養大学卒業後、料理研究家・枝元なほみさんのアシスタントを経て、2007年に独立。雑誌やテレビ、広告などで料理家・フードコーディネーターとして活躍する傍ら、ケータリングなどの活動や女子栄養大学で非常勤講師も務める。スパイスやハーブを上手に取り入れた家庭料理やおもてなし料理が人気。素材と素材の美味しい組み合わせを見つけるのが得意で、自由な発想による料理の幅の広さに定評がある。「はじめてのストウブ」(池田書店)や「かんたん、なのに満足!スープでごはん」(池田書店)、栄養の知識を活かした「大豆で美味しい毎日レシピ」(枻出版社)など著書多数。
みないきぬこさん
ご利用ガイド