テフロン加工だから美味しくできる! フライパンおかず | 暮らしの読みもの | cotogoto コトゴト - ページ7
システムメンテナンスと配送休業のお知らせ
シェアする:
シェアする:


 

アーモンドの風味と食感、またクレソンも入っていることで
どこか異国情緒漂う香りと味わいの「ベーコン、アーモンド、クレソンの焼き飯」。

チャーハンなどべちゃっとしやすいですが、テフロン(フッ素樹脂)加工フライパンでも
パラリと美味しくつくれます!
ポイントは「日々のフライパン」のような、底面が広いフライパンを選ぶこと
底面全体に食材を広げて、切るように混ぜて返し、また広げることで
ごはんの一粒一粒にしっかり火が通り美味しく仕上がります。
特にIHクッキングヒーターは、フライパンを振ることができませんが
その分底面全体が熱くなるので、この方法でつくれば炒め飯も美味しく仕上がります。

使用している器について詳しくはこちら>>

材料(2人分)

ベーコン(ブロック)…80g
アーモンド…40g
クレソン…大1束(50g)
あたたかいごはん……400g

サラダ油……大さじ1

(A)
酒…大さじ1
ナンプラー…大さじ1
砂糖…小さじ1/2
塩……1摘まみ
粗びき黒こしょう……少々

つくり方

「日々のフライパン IH用 26㎝」を使を使用。
※「ガス火用」でも同様のレシピでつくることができます。

  • 1.

    ベーコンは7~8㎜の棒状に切ります。
    アーモンドは半分程度に粗く刻みます。
    クレソンは葉をつまんでざく切りにし、軸は1㎝幅に刻みます。
    (A)は混ぜておきます。

  • 2.

    フライパンにサラダ油を中火で熱し、ベーコンを炒めます。
    こんがりとしたらクレソンの茎、アーモンドを加えてさっと炒めます。

  • 3.

    あたたかいごはん、(A)を回し入れ、フライパンの底全体に広げます。
    液体の調味料が多いので、水分を飛ばす意味もあり、
    ごはんを全体に広げる前に(A)を加えます。

    【テフロン加工だから美味しくつくれる!】 火加減を強くしなくても、ごはんをフライパンの底面全体に広げて均一に火を通すことで、パラリと仕上がります。
    底面が広い「日々のフライパン」はぴったり。
    特にIHはフライパンの底全体が熱くなるので、無理にフライパンを振らなくても、広げるだけでしっかり火を通すことができるのです。

  • 4.

    切るように混ぜて返し、広げ、切るように混ぜて返しと繰り返し炒めます。
    全体に火が通り、ごはんと具が混ざったらクレソンの葉を加え、さっと炒めて完成です。


その他のフライパンレシピを見る>>



日々のフライパンについて

「日々のフライパン」について

「毎日の料理が快適に、楽しくなるように」という想いから完成した、テフロン(フッ素樹脂)加工の当店オリジナルのフライパン。握りやすさと佇まいのよさのために試行錯誤を重ねたウッドハンドルや、金属製のキッチンツールも使えるほどの耐久性の高さなど、こだわりがたくさん詰まったフライパンです。
「日々のフライパン」について詳しくはこちら>>

シェアする: